排水管の水漏れの原因とは

排水管の水漏れの原因とは どのような理由で排水管からの水漏れが起きるか、その仕組みを知っておくといざという時に対処しやすくなります。まずは劣化と故障の見分けをしてみるべきです。水漏れが起きてしまう原因にはいろいろな理由が考えられます。一番多く起こりがちな症例は、使われている部品の経年劣化です。また、部品が壊れてしまう事態もよく発生します。目の届かない部分に故障が起きてしまうこともあります。水道関連の部品の耐用年数は一般的に7年から10年ほどとされています。きちんとメンテナンスをして使っていればそれ以上の年数で使うことも可能ですが、一般的には10年を目途に部品の交換をすることが必要です。交換をする場合にはプロに依頼します。

■水漏れが起きる原因とは

古い仕様の部品だと、交換をしたくても交換できないというような事態も出てきます。そのため、まずは交換する部品の在庫を確認することが必要です。
修理に必要な在庫が無い場合には排水管全体の交換をする流れとなります。一部の部品の交換だけなら自力で行うことも可能ですが、全体の水道 修理の場合には専門の業者に依頼をしなくてはなりません。排水管からの水漏れをそのままにしておくと家屋もダメージを受けてしまいますので、素早い対応が求められます。

■故障の場合
経年劣化とは異なった理由で比較的短期間で排水管が壊れてしまい、水漏れが起きることもあり得ます。部品が壊れる理由の一つに、正しい方法で水道を使っていないということが挙げられます。ダメージを与えるようなものを水道に流してしまうと、途端に部品が壊れることもあります。またメンテナンスの方法を間違ってしまうと部品の破損が発生します。メンテナンスは劣化を防ぐために重要なことではありますが、自分で行う場合には必ず正しい方法で行わなければなりません。
部品の故障といってもネジなどが緩んでいる程度の場合には、自分で簡単に修理をすることができます。ただし、複雑な故障の場合には専門の業者へ修理を依頼することが大切です。できるだけ24時間対応の業者に依頼をして、速やかに修理を行ってもらうようにします。

■排水管の破損

目に見えない排水管の故障でももちろん水漏れが起きます。だんだんと家中のいろいろなところに浸水してしまうことになりますので、十分注意しましょう。床などに何らかの理由で水が見受けられる事態になったら、まずは自分の努力で破損個所を調べます。具体的に分からない場合には専門の業者に代行依頼をすると安心です。分からないからといってそのままにしておくことは絶対に避けるようにします。
排水管の中でつまりが起き、流れが悪くなることによって水漏れが発生することも知られています。軽度のつまりであれば簡単に解消することができますが、難しい場合にはやはりプロにつまりのケアを依頼するのが良い方法です。下手に自分でつまりのケアをして、排水管を壊すようなケースは避けなくてはなりません。特に古くなってきている排水管はもろくなっていることも多いので、破損させないよう注意深く対処をする必要があります。

■まとめ
排水管からの水漏れはさまざまな理由で起こってきます。いずれの場合であっても軽度なものであれば自力で解決することもできますが、場合によっては専門の業者でなければ解決することができない時もあります。自分ではなかなか状況判断ができない場合には、まずは専門の業者に点検をしてもらって、どのように修理するのが良いのかを相談することがおすすめです。メンテナンスは非常に重要な意味を持っていますが、どんな場合でも正しい方法で行っていかないと逆効果になってしまいますので、注意するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース